JAまにわ

組合員のしあわせづくりと地域社会への貢献
Home お知らせ 新着情報 寒さで甘さの増した「有機」ホウレンソウ

お知らせ

寒さで甘さの増した「有機」ホウレンソウ

 岡山久世有機の会では、現在14人が4ヘクタールで有機ホウレンソウの栽培に取り組んでいます。農薬に頼らず、こだわりの有機肥料を使った栽培が最大の売りです。

 今年は12月11日に有機ホウレンソウの初出荷を行いました。3月中下旬まで、全量、契約出荷先のコープこうべへ出荷します。今年度は全体で10トンの出荷を見込んでいます。

 久世地区の二宗さんは、今年度1.2ヘクタールでホウレンソウを栽培。は種時期の悪天候により作付面積は減少したものの、作柄は上々だといいます。二宗さんは「コツコツと品質向上に努め、できる限り極めていきたい」と今後の抱負を語ります。

 この時期に収穫するホウレンソウは、寒さにより糖度が増し、甘みが強く育ちます。二宗さんは「ソテーにして食べるのがお勧め」だと話します。

ページの先頭へ