JAまにわ

組合員のしあわせづくりと地域社会への貢献
まにわSHOP
Home お知らせ 新着情報 日本のお米を食べよう!キャンペーン

お知らせ

日本のお米を食べよう!キャンペーン

日本のお米を食べよう!キャンペーン

高く濃い空、飛び回るトンボ、水田の上を駆ける風、
そして黄金色に染まる稲穂、秋です。
いよいよ新米の季節がやってきました。
八十八の手間をかけ、大切に育ててきた農家の宝、米。

お米食べていますか?

JAまにわでは、米の消費拡大を後押ししようと、JA女性組織協議会の「ニコニコ・おむすび大作戦」に賛同し、今年度広報誌「きらめき」の表紙を色々な人たちとおむすびで飾っています。
現在米の消費量は年間8万トンずつ減っています。岡山県の年間の出荷量が16万トンとすると、この数字は大変なことです。

米の消費量が減ることで心配されること
米の消費量が減る→米の売値が安い→農家が米を作らない→田んぼが耕作放棄地に

おむすびを2個ずつ食べると・・・

「ニコニコ・おむすび大作戦」とは?
みんなで2個おむすびを作ってだれかに食べてもらうことで、米を消費するだけでなく、仲間を増やしたり農業や地域を元気にする作戦です。
例えばJA女性組織58万人だけで考えても・・・
精米130g(おむすび2個)×58万人=約75トン
の米が消費できます。

お米プチ知識

ご飯1杯は約30円!(平成27年)
他の食べ物と比べて経済的で栄養価が高いよ!
お米はダイエットの味方!
近年、炭水化物ダイエットがブームになり、太るからお米は食べないという人も増えているようです。でも、昔の日本人はお米をたっぷり食べていながらさほど太っていませんでした。
お米は炭水化物だけでなく、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいます。またどんなおかずにも合わせやすいのがお米のいいところ。お米を中心にしたバランスの良い食事を続けるとカロリーが効率的に燃焼し、代謝も上がって食べても太らない体に変わっていきます。米食こそダイエットに向いているのです。
摂取カロリーを抑えられる!
冷えたご飯は炊きたてに比べ、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)という成分が多く含まれています。このでんぷんは消化されにくい=糖質に変わりにくいので、摂取カロリーが抑えられるということ。血糖の上昇も緩やかになるため、インスリンの分泌が抑えられ、体脂肪も付きにくくなります。このでんぷんは食物繊維と似た性質を持ち、腸の排出力も高めてくれます。

(出典:JA広報通信)

田んぼのちから
「田んぼのちから」の見開き

以前、JAまにわ広報誌「きらめき」で、「田んぼのちから」と題して、田んぼはお米を育てること以外にも、自然環境を守る大切な役割があることをまとめた特集記事を掲載しました。
キャンペーン応募の投稿の時に、この記事の感想なども添えてもらえたらうれしいです!

記事はこちら

さあ、みんなでお米を食べましょう!
  • キャンペーン名 日本のお米を食べよう!キャンペーン
  • キャンペーン期間 平成30年9月21日~10月26日

応募いただいた方の中から抽選で、まにわ産新米食べ比べセット(コシヒカリ・あきたこまち・きぬむすめ各2合)が入った「まにわの宝」セットを5名様にプレゼント! (1)(2)から抽選で3名に、(3)は写真審査を行い2名様に差し上げます。



JAまにわのおにぎり、お米
応募にはこちらの写真もお使いください。
(写真をクリックすると拡大表示されます)
おにぎり1 おにぎり2
お米1 お米2
お米3 お米4

応募方法

インスタグラムの方
STEP1
JAまにわのインスタグラムをフォローする(JAまにわのインスタグラムはこちら
STEP2
いずれかの方法で投稿!

(1)JAまにわのホームページにアップしてあるおむすびの写真を保存するか、スクリーンショットして「#日本のお米を食べよう」のハッシュタグを付けて投稿。

(2)おむすび2個を撮影し「#日本のお米を食べよう」のハッシュタグを付けて投稿。

(3)自慢のお弁当を作って「#日本のお米を食べよう」のハッシュタグを付けて投稿。
STEP3
※抽選後、当選者の方にはダイレクトメッセージを送付し、氏名、住所、電話番号、アカウント名をお伺いし、プレゼントを発送します。

フェイスブックで応募する場合
STEP1
JAまにわのフェイスブックをフォローする(JAまにわのフェイスブックはこちら
STEP2
いずれかの方法で投稿!

(1)JAまにわのホームページにアップしてあるおにぎりの写真を保存するか、スクリーンショットしてJAまにわのキャンペーンページのコメント欄に投稿。

(2)おむすび2個を撮影し、JAまにわのキャンペーンページのコメント欄に投稿。

(3)自慢のお弁当を作ってJAまにわのキャンペーンページのコメント欄に投稿。
STEP3
※抽選後、当選者の方にはダイレクトメッセージを送付し、氏名、住所、電話番号をお伺いし、プレゼントを発送します。

メールで応募する場合
STEP1
いずれかの方法で応募!

(1)JAまにわのホームページにアップしてあるおむすびの写真を保存するか、スクリーンショットして、maniwa@mn.oy-ja.or-.jpへのメールにデータを添付して送付。

(2)おむすび2個を撮影し、maniwa@mn.oy-ja.or.jpへのメールにデータを添付して送付。
※添付するデータは3MB以下にして添付してください。
※件名に「日本の米を食べよう」と入力し、本文に氏名、住所、電話番号を記入してください。

ハガキで応募する場合
STEP1
(1)ハガキにおむすび2個写した写真を貼って送付、またはハガキにおむすび2個の絵を描いて送付!

(送り先)
〒719-3144
岡山県真庭市落合垂水1064-1
JAまにわ 「日本の米を食べよう」係

※必ずお名前、ご住所、電話番号をご記入ください。

応募規約

真庭農業協同組合(JAまにわ)の「日本の米を食べよう(以下本キャンペーン)」に応募された方(以下「応募者」)は、以下の応募規約に同意いただいたものとみなします。

  • JAまにわ事務局による審査の上、入賞者を決定します。作品は広報誌「きらめき」・ホームページ・フェイスブック・インスタグラム・宣伝・販促物などに許可なく無償で使用する場合があります。またこれにあたりJAまにわが応募作品の一部を修正・改変できるものとします。
  • 応募規約に違反する場合、その他JAまにわ事務局の判断により、応募作品を各媒体に掲載しない場合があります。
  • 応募者と連絡が取れない、および住所が不明などの理由により、入賞にかかる賞品をお届けできない場合は、当該応募者について、賞品を受け取る権利を失効させていただく場合があります。
  • 応募作品の著作権は撮影者に帰属します。
  • 次のような場合はご応募できません。
    • 他人の知的財産権、肖像権等の権利やプライバシー等の侵害、嫌がらせや悪口により他人の名誉、信用を傷つけることや差別など、他人に不利益を与えるもの
    • 公序良俗に反する内容および他閲覧者を深いにさせる内容のもの
    • 広告宣伝、営業活動、選挙活動、特定の思想・宗教への勧誘等を目的とする内容のもの
    • 被写体の許可なく撮影したもの
    • その他、当JAが不適切と判断した内容を含むもの
    • 本キャンペーンに関連する投稿に起因して発生した損害、クレームなどに、JAまにわは一切責任を負いません。またこれらの対応について要した費用について、当該投稿者に負担していただく場合があります。
  • 応募者のお名前、ご住所などの個人情報は、入賞の連絡、賞品の郵送目的のみに使用し、その他の目的に利用はいたしません。
  • JAまにわは本コンテストにおけるサービスの一部またはすべてを、事前に通知することなく変更・中止・中断・終了できるものとし、それによって生じた損害については、一切責任を負いません。
  • 応募の受付、審査結果などに関するお問い合わせはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • 何点でも投稿いただけますが、当選はお一人様1点とさせていただきます。
  • 投稿にかかる通信料、接続料は応募者の負担となります。
  • フェイスブック・インスタグラムおよびその他の企業、個人が提供するソフトウェア、サーバ、ネットワークが提供する機能の不具合に起因するトラブルに関して、JAまにわは一切の責任を負いません。
  • 投稿作品について不適切と判断した場合、予告なく削除する場合があります。
  • 「フェイスブック」「インスタグラム」を非公開に設定されている場合はご応募の対象外となります。投稿に際しての公開範囲は、「公開」に設定してください。


ページの先頭へ