JAまにわ

組合員のしあわせづくりと地域社会への貢献
まにわSHOP
Home お知らせ 新着情報 有機肥料を使って育てた「有機ホウレンソウ」出荷最盛

お知らせ

有機肥料を使って育てた「有機ホウレンソウ」出荷最盛

 JAまにわ管内でホウレンソウの出荷が最盛を迎えています。岡山久世有機の会のメンバーの浅雄さんは退職を機にホウレンソウの栽培を始め、今年で7年目を迎えます。同会が栽培するホウレンソウは化学肥料ではなく、油粕やセルカなどの有機肥料を使用しているため、渋みが少なく甘みの強いホウレンソウに育ちます。現在10人が4.4ヘクタールで栽培に取り組んでおり今年度約25トンをコープこうべのほか大阪、岡山市場に出荷する予定です。

 浅雄さんは5棟のハウスで春から秋にかけてナス、冬の間はホウレンソウを栽培しています。10月中旬に播種を行い、12月16日に収穫、出荷を始めました。また、播種時期をずらしたハウスもあるため3月中旬までリレー出荷を行うことができるといいます。父の代からこだわり続けた土を大事にしていて「この土が無いとおいしいホウレンソウにならない」と土づくりには並々ならぬこだわりを見せています。今年は暖冬だったため昨年より生育が早かったが、収量は例年通りで約1トンの出荷を見込んでいるといいます。浅雄さんは「おいしくて安全なホウレンソウをこれからも作っていけるように健康に気をつけて頑張っていきたい」と意気込みを語ります。

ページの先頭へ