JAまにわ

組合員のしあわせづくりと地域社会への貢献
まにわSHOP
Home お知らせ 新着情報 地味弁まにわキャンペーン

お知らせ

地味弁まにわキャンペーン

地味弁まにわキャンペーン
JA全農では国産米の消費拡大を狙い、「地味弁」を推奨しています。今年5月には特設サイト「地味弁.com」も公開しました。
日本人の主食「ご飯」を使い、手軽で気軽に美味しく続けられる
お弁当生活を提案しています!材料を自分で選べるお弁当はもちろん安心安全でもあります。「地味弁」を食べて笑顔で幸せな食ライフを楽しみましょう!
今回はJAまにわ的「地味弁」を作って投稿しよう!
抽選で「きぬむすめ新米3kg、蒜山漬、天神みそ1kg、まにわ産えのき茸」をセットで5名様に差し上げます。
応募期間:令和元年9月6日~10月31日

地味弁のきまり(JA全農提案の「地味弁」に順ずる)

  • お米はマスト!(お米を楽しめてこそ地味弁)
  • 映え禁止!(SNS映えは気にしない)
  • 品数2品程度!(お手軽さは美徳である)
  • 色は3色程度!(シンプルな美しさを目指せ)
  • 調理時間は10~30分!(長続きの秘訣は短時間調理)

JAまにわ管内のお米

管内の穏やかな気候、肥沃な土地、豊かな自然の中で育った米は甘く、大変美味しく仕上がります。

 JAグループ岡山では、海で育った牡蠣の殻を肥料に使って水稲を栽培し、その田畑の栄養分が川へ流れ、海へ注いでまた牡蠣を育てる・・・という循環型農業を目指した「かきがらあぐり事業」を行っています。JAまにわでもこの事業に参加し、海と山を支えるストーリーを担う一員として水稲栽培に取り組んでいます。もちろん食味も向上します。

 また、JAまにわでは「売れる米作り」として、4つの生産者組織を作り、安心安全な米を安定して提供できるよう、農家と一緒になって米作りを行っています。

真庭米図鑑
コシヒカリ
人気、生産量ともに日本一。粘りが強く、美味しいお米としてのバランスが整っています。粘りの強い食感が特徴です。北部地域を中心に、真庭地域でも根強い人気で栽培されています。
アキヒカリ
全国でも産地は蒜山のみ。酒のかけ米として出荷していますが、炊き立てはとても美味しく、他品種に負けない食味を持ちます。最近では惣菜やお弁当用にも人気が高まっています。
今年産からフードバンクを通じて県内のこども食堂などに寄付を行います。
きぬむすめ
味、白さとツヤに優れ、その食味はコシヒカリと同等とも言われています。炊いた白米には光沢があり、冷めても美味しいです。岡山県産のきぬむすめは、食味ランキングで2年連続で特Aを取得している今売り出し中の米です。
ヒノヒカリ
コシヒカリを父に持つ食味の良さが自慢です。昨年度の食味ランキングでは特Aに次ぐ評価をいただきました。管内の南部地域で栽培され、主に関西方面へ出荷しています。
ヒメノモチ
おもちにした時に、伸びが良く、甘味がありその白さが一層引き立ちます。県内どこでも栽培されていますが、毛無山の湧き水で育った新庄村産は、他産地のものと大きく区別されます。また同じ北部地域で育ったヒメノモチも食味が劣らず良いことで知られています。
あきたこまち
もち米のように粘りがあるので、冷めても美味しいのでおにぎりなどに最適です。
涼しい地域での栽培に向いているので、JAまにわ管内でも中北部地域で盛んに栽培されています。

特産物たっぷり弁当
おむすびに使っているのは冷めても美味しいヒノヒカリ!

まにわ産えのき茸とまにわ産白ネギ入り鶏つくね(2~3人分)

  1. (1)白ネギ20センチと、石づきを取ったえのき茸1/2袋を粗く刻む。
  2. (2)(2)ボウルに鶏ひき肉200g、(1)、酒、マヨネーズ、片栗粉各大さじ1、塩こしょう少々を入れて粘りが出るまで混ぜる。
  3. (3)フライパンに油を敷き、好みの大きさに成形した(2)を載せ、中火で3~4分焼く。
  4. (4)焼き色が付いたら裏返し、フタをして弱火で2分ほど蒸し焼きにする。
  5. (5)ポン酢しょう油大さじ2、砂糖小さじ2を混ぜ、(4)に入れて煮からめて出来上がり。

まにわ産キャベツの卵焼き

  1. (1)卵2個を溶き、砂糖小さじ1、白だし小さじ1、ブラックペッパー少々を入れて混ぜ合わせる。
  2. (2)卵焼き器に油を熱し、粗みじんにしたキャベツ1枚(大)を炒める。
  3. (3)(2)に(1)の1/3を流し込み、巻き込む。残りの卵液も数度に分けて同様に焼き完成。

秋だ!何でも美味しいよ弁当
秋が旬の食べ物をそろえてみました。

鮭のみそ焼き(2人分)

  1. (1)生鮭2切れは3~4等分のそぎ切りにし、みそ、酒各小さじ2、みりん小さじ1をもみ込む。
  2. (2)オーブントースターで10分程度こんがり焼いて完成。

小松菜のごま和え

  1. (1)小松菜を洗い、塩茹でして2~3センチ長さに切る。
  2. (2)すりゴマ大さじ3、砂糖大さじ1弱、しょうゆ小さじ2強を混ぜ合わせておく。
  3. (3)(1)と(2)を和えて完成。

サツマイモご飯(2合分)

  1. (1)サツマイモを2センチ程度の角切りにして水にさらしておく。
  2. (2)米2合を研いで30分程度水に浸しておく。
  3. (3)(2)の水を切って炊飯器に入れ、酒大さじ1、塩小さじ1/2を混ぜ、2合の水加減をする。
  4. (4)水気を切った(1)を上に乗せ、炊飯する。お好みで黒ゴマを振っていただく。

栄養価バッチリ弁当
秋らしくキノコを添えて、食欲の秋にもバッチリのお弁当です!

簡単魚フライ(2人分)

  1. (1)お好みの魚2切れに塩コショウする。
  2. (2)マヨネーズ大さじ2と小麦粉大さじ1を混ぜ合わせ、(1)の表面に塗る。
  3. (3)パン粉1カップに粉チーズ大さじ1を混ぜ、(2)に付ける。
  4. (4)多目のオリーブオイルをフライパンに敷き、こんがり焼く。

キノコの和え物(2人分)

  1. (1)マイタケ半パックは食べやすい大きさにほぐす。シイタケは石づきをとり、軸ごと手で4分割に裂く。
  2. (2)オーブントースターで5~10分焼く。
  3. (3)ポン酢少々で和える。

ニンジンキンピラ(2人分)

  1. (1)ニンジンは細切りにする。
  2. (2)ゴマ油適量を敷いたフライパンで半分くらい火が通るまで炒め、めんつゆを加えてひと煮立ちする。
  3. (3)火を止めたら白炒りゴマ適量をまぶして完成。

ぱぷ丸キーマカレー弁当
真庭市×JAまにわ×真庭高校久世校地が直売所の目玉商品にしようと取り組んでいる「ぱぷ丸」使用!

キーマカレー(2人分)

  1. (1)タマネギ1/4個をみじん切りにしてフライパンで炒め、合いびき肉120gを加えて炒める。
  2. (2)ミニパプリカ(ぱぷ丸)赤・黄・オレンジ各1個を1センチ角に切って①に加え、さらに炒める。
  3. (3)カレーパウダー大さじ1、ウスターソース小さじ1、ケチャップ大さじ1/2、塩コショウ各少々を加えて混ぜ合わせ、ご飯に載せる。
※お好みでゆで卵を添える。

ぱぷ丸生姜焼き弁当
真庭市×JAまにわ×真庭高校久世校地が直売所の目玉商品にしようと取り組んでいる「ぱぷ丸」使用!

(2人分)

  1. (1)豚ロース肉150g〜200gは食べやすい大きさに切る。
  2. (2)ミニパプリカ(ぱぷ丸)赤・黄・オレンジ各1個を繊維に沿って食べやすい大きさに切る。
  3. (3)フライパンに油を敷いて、(1)を炒め、火が通ったら(2)を加えてさっと炒め、おろしショウガ、砂糖、みりん、酒各大さじ1と、しょうゆ大さじ11/2を混ぜ合わせて加え、汁気を絡めるようにいためてご飯の上に載せる。

応募方法

①インスタグラムで応募する場合
STEP1
JAまにわのインスタグラムをフォローする(JAまにわのインスタグラムはこちら
STEP2
ハッシュタグ「#地味弁まにわ」を付けて、以下に該当するいずれかの写真を投稿。
  • JAまにわのホームページにアップしてあるお弁当の写真を保存するか、スクリーンショットして「#地味弁まにわ」のハッシュタグを付けて投稿。
  • 手作りお弁当を撮影し、「#地味弁まにわ」のハッシュタグを付けて投稿。

②フェイスブックで応募する場合
STEP1
JAまにわのフェイスブックをフォローする(JAまにわのフェイスブックはこちら
STEP2
フェイスブックのキャンペーン告知の投稿のコメント欄に、以下に該当するいずれかの写真を投稿。
  • JAまにわのホームページにアップしてあるお弁当の写真を保存するか、スクリーンショットしてJAまにわ公式フェイスブックのキャンペーンページのコメント欄に投稿。
  • 手作りお弁当を撮影し、JAまにわ公式フェイスブックのキャンペーンページのコメント欄に投稿。

③応募フォームで応募する場合
STEP1
JAまにわのホームページ内のキャンペーンページにある応募フォームに必要事項を記入してご応募ください。
応募フォームはこちら
※SNSで投稿する場合・・・アカウントを公開している方に限ります。それぞれの部門で入賞した方には、ダイレクトメッセージ、封書などで連絡させていただきます。

※当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

募集期間:令和元年9月6日~10月31日

応募規約

真庭農業協同組合(JAまにわ)の「地味弁まにわキャンペーン(以下本キャンペーン)」に応募された方(以下「応募者」)は、以下の応募規約に同意いただいたものとみなします。

  • JAまにわ事務局による審査の上、入賞者を決定します。作品は広報誌「きらめき」・ホームページ・フェイスブック・インスタグラム・宣伝・販促物などに許可なく無償で使用する場合があります。またこれにあたりJAまにわが応募作品の一部を修正・改変できるものとします。
  • 応募規約に違反する場合、その他JAまにわ事務局の判断により、応募作品を各媒体に掲載しない場合があります。
  • 応募者と連絡が取れない、および住所が不明などの理由により、入賞にかかる賞品をお届けできない場合は、当該応募者について、賞品を受け取る権利を失効させていただく場合があります。
  • 応募作品の著作権は撮影者に帰属します。
  • 次のような場合はご応募できません。
    • 他人の知的財産権、肖像権等の権利やプライバシー等の侵害、嫌がらせや悪口により他人の名誉、信用を傷つけることや差別など、他人に不利益を与えるもの
    • 公序良俗に反する内容および他閲覧者を不快にさせる内容のもの
    • 広告宣伝、営業活動、選挙活動、特定の思想・宗教への勧誘等を目的とする内容のもの
    • 被写体の許可なく撮影したもの
    • その他、当JAが不適切と判断した内容を含むもの
    • 本キャンペーンに関連する投稿に起因して発生した損害、クレームなどに、JAまにわは一切責任を負いません。またこれらの対応について要した費用について、当該投稿者に負担していただく場合があります。
  • 応募者のお名前、ご住所などの個人情報は、入賞の連絡、賞品の郵送目的のみに使用し、その他の目的に利用はいたしません。
  • JAまにわは本コンテストにおけるサービスの一部またはすべてを、事前に通知することなく変更・中止・中断・終了できるものとし、それによって生じた損害については、一切責任を負いません。
  • 応募の受付、審査結果などに関するお問い合わせはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • 何点でも投稿いただけますが、当選はお一人様1点とさせていただきます。
  • 投稿にかかる通信料、接続料は応募者の負担となります。
  • フェイスブック・インスタグラムおよびその他の企業、個人が提供するソフトウェア、サーバ、ネットワークが提供する機能の不具合に起因するトラブルに関して、JAまにわは一切の責任を負いません。
  • 投稿作品について不適切と判断した場合、予告なく削除する場合があります。
  • 「フェイスブック」「インスタグラム」を非公開に設定されている場合はご応募の対象外となります。投稿に際しての公開範囲は、「公開」に設定してください。
  • 応募は日本国内の方のみに限らせていただきます。


ページの先頭へ